サンダルの修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

サンダル

サンダルの靴底がはがれてワニの口になってしまったので

大家さんにどこか修理できるところないか聞いたら

知り合いの処で直してあげると言って持って行ってしまった。

新しく買ってもよかったのだが、日本から持ってきたので

愛着があるし、直せばまだ履けると思って修理をお願いした。

今日修理が終わったので持ってきてもらったのを見ると

写真でわかるように靴底を糸で縫ってある。

サンダル1

よく飾りのイミテーションでステッチを施してある靴は

あるが、これは本当に縫ってある。

以前もほかの処でスニーカーを直してもらった。

ベトナムはこういった修理屋さんが多い。

鞄のジッパー、ベルトの修理、服の寸詰めも道端の修理屋、

仕立て屋でやってもらった。

日本だとよっぽど高価な靴でない限り修理するより新品を

買った方が安いが、直せばまだまだ履けるので

どのくらい持つか分からないが履こうと思う。

こういった日本で失われてしまった、物を大事にする

文化?ただのケチ?はベトナムでまだまだ残っている。




スポンサーリンク