フルーツの種買って、食文化について考えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昨日、ネット通販で買ったパパイヤの種が3種類届きました。

原産地をみると、パパイヤレッドレディーと台農2号は台湾、 パパイヤ

メロンはタイでした。記憶では、サトウキビは、 中国の福建省から来た

んですよね。フルーツや野菜も昔から、 海外から取り入れて品種改良し

たりしてるんです。

フルーツの種

パパイヤの種を徳之島に送って、パパイヤを育てて 安定的に実がなれば、

台湾で定番の木瓜牛奶(パパイヤミルク)やパパイヤミルクティー を作り

たいですね。なぜ、日本で流行らないのか がちょっとわからないくらい、

美味しんです。

台湾で聞いた話ではパパイヤは 胸が豊満になるとか、ビタミン系が多いよう。

パパイヤとミルクのバランスは暑い日には とっても美味しい。以前池袋や

秋葉原で 台湾系のジュースの店舗ありましたが、 今はつぶれました。

マンゴーもパパイヤミルクも美味しいのにと思いますが食文化は

いろいろなんです。

以前、韓国の知人からmade in koreaの ワインを日本に売りたいとの話が

ありましたが、個人的には売れないと考えますと話しました。理由は、

韓国料理店や焼き肉店で呑むのはビールやソジュやマッコリが定番だと

思います。韓国系料理をたべながら 韓国のワインというイメージが

ないからです。

台湾のパパイヤミルク、韓国のワインが 日本で流行らないと言う事を

考えた場合、 文化や流行は、いわゆる先進国→後進国 への流れがあるから

だと思います。江戸時代までは、 大陸や韓国の影響がありましたが、

明治時代以降は、日本人の目はトレンドとして欧米系にむいていると思います。

どうでしょうか?

スポンサーリンク