マツコの知らない世界 卒業ソングの世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

春なのに

もう卒業式の季節なんですね。
Tverでマツコの知らない世界 卒業ソングの世界をやってます。

誰もが多感な時期である中学生や高校生の時の卒業式、友との別れが
ちょっぴり寂しかった。

でも、その後には、高校や大学などで、新しい人との出会いがあったので、
卒業式の時の寂しさを忘れたかもしれない。




花に嵐のたとえもあるぞ「さよなら」だけが人生だ
と詠んだ井伏鱒二、好きなフレーズです。

オリジナルは、中国の于武陵の詠んだ「勧酒」という詩なんです。
考えてみると、社会人になっても相手の興味や自分の興味の対象が違ったり、
ビジネスでは方向性が違ったりして別れの連続でもあります。
別れには寂しい一面があると一方、新しいことにチャレンジするという一面も
ありますので、ネガティブだけでは無いのです。人生のステージは日々気がつかない
うちに変わるのです。別れの連続だと思います。それをどう受け止めるかが大事。

https://www.youtube.com/watch?v=C9HexvDnWAE
柏原芳恵さんの春なのに
作詞作曲は、中島みゆきさんです。

https://www.youtube.com/watch?v=ooqTLALNd_0
海援隊の贈る言葉
ドラマ金八先生の主題歌。10年前くらい前、金八先生の撮影で、
武田鉄矢さんお見かけしたことあります。
ロケは足立区の関谷近辺でも頻繁に行われたようですが、
その時にスタッフの休憩所に使われたのは、日の出屋さん
こちらの店主のとはある活動で頻繁にお会いした時期がありました。
今は足立区に行く機会がなかなか無いので疎遠になりましたが、
これも卒業かもしれません。

本文」

スポンサーリンク