リカルド・セムラー氏の奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

職場を自分が働きたいと思える場所にすることで辞職率が低い会社

社員がひとたびやりがいを感じ、活気づいて、生産的になると、
彼らの活動が自ずと会社に利益と成長をもたらす

オンリーワンをめざす
高度な技術を要するもの(複雑さを要するもの)
常に最高の製品やサービスの提供
ユニークな存在価値

どうして?同じテーマについて、何度も何度も話し合います

内なる信念と目的意識が共存している問題

社員が仕事の範囲を自分自身で決めることができるのであれば
仕事に対する満足度はかなり高まります

相手が好きではなくとも相手を尊敬することはできます

人に何かを要求するときは、具体的にその理由と目的を伝えること

企業にとって天命は企業の掲げるミッション(理念)をさします。
そしてミッションは必ずクレド(信条)をともないます

経営者としてのわたしの役割は、会社におけるすべてのことを一から見直す
ように促すことと考えています

人生と同じくビジネスにおいても、その道程は、気ままで思いがけない
出来事の連続です。自然の成り行きにまかせることが一番良いと思います。

直観力を大切にする

現在社員が2人だけの会社なら、まずはその2人を変えます

決して自分以外の人の考えを変えようとしないこと。そして変わることを
期待しないこと。
決して、この会社(上司)では無理だという発言をしないこと
決して、自分は大丈夫だけど、他の社員にはできないだろうと侮辱しないこと

あなたの行動が世界のためになります。







スポンサーリンク