上野公園のストリートミュージシャン(あんざいのりえさん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あんざいのりえさんに声をかけてしまいました、アコーディオン

いいですね。心がホンワカする。投げ銭もちゃんといれましたよ。

あんざいのりえ

ホームページもあるようです。

東京都のヘブンアーティスト政策、いいですよね。もっと街に音楽や日常

と違うパフォーマンスがあれば、東京ももっと楽しいですよね。

大道芸人への投げ銭は、学生の頃、 イギリスのLEEDSで初めて経験しま

した。投げ銭 をあげるのは、ちょっと恥ずかしかった記憶が。でも芸が

終わったら、 さっさと引き上げる人も多いですね。 ちょっと残念な気持ち

があります。

仮に、ある大道芸を初めからみて楽しかった のであれば、投げ銭をあげ

て楽しかったと 言えればいいですね。パフォーマンスが よくなくて最後

までみてガッカリだったら 仕方がないけれど、ちょっとでも楽しめた

ならその対価としての投げ銭文化が もうちょっと根付いたら東京も良い

街になるかも。

今日、ある大道芸を見ていた親子が、投げ銭あげずに 引き上げるときに、

女児がお金あげないの?と聞いてた。 父親は途中からみたらかさ~、

と言っていた。 個人的にはこれは違うと思います。期待はずれだっ

たからさー なら理解できる。日本人の間でも考え方は色々なんですよねぇ。

大道芸人の側から考えると、投げ銭って 自分が時間やお金を使って練習し

たりしたパフォーマンス の結果ですから、投げ銭が多ければモチベーション

上がるし、 少なければ自己嫌悪?に陥るかも。

サービスや製品の販売や供給でも、需要がなければ 継続できません。

企業なら倒産。供給と需要のバランス。 大道芸人と見る客の関係性を

考えた場合、見る客(日本人が多い) の投げ銭に対する価値観を

もっとマーケティングした 方が良いかーも、とちょっと思いました。

スポンサーリンク