中島 隆信氏お寺の経済学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

この本面白い! お寺って、檀家さんからの葬式や法事、戒名代が
主要な収入だと思います。でも、檀家さん精度をだんだん崩れて
きている現代、今後はどうやって収入をつくるのでしょうか?

廃業しているお寺も多いようですし、葬式や法事などに
派遣お坊さんも流行っているようです。また副業として、
お坊さんがバーを運営してOLなどの悩み事をきいている
ようです。

人って、他人に愚痴や悩みを話すと楽になりますよね。
でも聞いているその人はたまったものじゃない。
モチべージョン下がるし、気分も悪くなる。
コーチングやカウンセラーだったビジネスですので
割り切って聴くと思う。お金を頂くからですね。

だったら自分自身は、自分で愚痴を言わない考え方を
身に着けて行こう!


満足=充足/欲求
この式によれば人生を幸せなものとするには二通りの方法がある。
一つは分子の充足を大きくすること、分母の欲求を小さくすることだ。

仏性と煩悩の関係についての見事な説明が如来蔵経という経典に載っている。
そこでは、煩悩はミツバチ、仏性は密にたとえられている。内容は以下の
通りだ。蜜を手に入れるためにはミツバチを追い払わなければならない。しかし、
ミツバチを殺してしまっては蜜を得ることはできない。だから、われわれは
ミツバチ(煩悩)をそのままにしておいて、密(仏性)を得る方法を
考えなければならない。

スポンサーリンク