伝統的な行事っていつまで続くのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お餅付は私が30代の頃まで、親戚の大工さんがイニシアチブを
とり、自前の杵と臼でついてくれた。今は高齢者となった大工さん
の親戚関係が継いでないので、お餅付の行事は消滅しました。

お正月

これは、徳之島的な行事かどうかわかりませんが、お正月の実家
では、家族や親戚など集まっていただいた人に対して家長である
父が、お酒、鯛、昆布や塩などを振る舞い、1年の祈願をします
るお膳です。ちなみに今年は私がテーブルセッティングしました。

もし、私が家長になったらこの行事を継続するのか? する意味は
あるのか?など考えてしまった。

東京、埼玉、神奈川、青森の親戚にきいたところ、それぞれの
実家ではこのような行事はしないとのことでした。

考えてみると、伝統的な行事って、その価値をみつけて、
受け継ぐという意思をもったリーダーがいないと
廃れていくものかもしれませんね。







スポンサーリンク