坂本 桂一氏の頭のいい人が儲からない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

AとBがあったら、Aを選ぼうがBを選ぼうが、
とにかく成功させてしまえば勝ちというのが
ビジネスの世界なのである

物理学では、ある現象を起こすのに必要な
エネルギー等の最小値をしきいち(閾値)
という。営業が苦手だなという前に、
自分はこの閾値を超えるまで努力しているかどうか、
自分に聞いてみることだ。

実際、私の知っている世に成功者と呼ばれる起業家たちは
例外なく、もうこれ以上無理だというくらいギリギリの
ところまで考えに考えて、頭の中に完璧なイメージを
つくりあげてから行動を起こしている。

ビジネスというのは勝負だ。最善の方法論で勝負に
臨んだものだけが、市場という土俵で勝利をおさめる
ことができる

目標を達成するため、あるいは勝負に勝つためには
戦略は絶対に必要なのである

金儲けでも、女にもてたいでも、社会貢献でも
なんでもいいから、とにかく目的をはっきりさせる
ことが事業を成功させる第一条件である。そして、
その目的を達成するためのコンセプトや戦略を
200-300時間考え、これしかないという
最善のモデルをつくりあげる。

スポンサーリンク