桜井章一氏のツキを呼ぶ言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ツキを呼ぶ言葉

先日、竹内一郎氏のツキの波の本の内容をアップしました。
雀士の阿佐田哲也氏が考えるツキについての考え方
が書いてあります。彼は運とかツキは人生においても、
一日においても総量に限りがあるという事で理解して
います。

さて、桜井章一氏ですが、麻雀において20年間無敗の方です。
最近は、孫と遊んだりサメと戯れる事が楽しみのようです。
そのような彼がツキについてどんな考察しているのでしょうか?

同じ雀士である阿佐田哲也氏と桜井章一氏の考え方はどこがちがうのでしょうか。




では本からの引用です。

定まったものを追求するのが知識であり、
定まらないものをつかむのが知恵である。

苦しみの根底にあるのは、期待する心である。

諦め上手は人生の可能性を切り開く。

迷惑をかけずにいきることは不可能である。

二兎ではなく百兔を追え。

一生における運の量は決まっていない。

どちらかと言うと、桜井章一氏の考え方のほうが
明るい未来がありますよね。幸運を捕まえましょう!

スポンサーリンク