歴史の評価ってどう評価しているんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「東京裁判は勝者の断罪」  という側面はあるとおもいます。

日本でも、江戸時代では徳川幕府を批判したりする 書物は公に発表され

てないとおもいます。もしそのような批判書物が発表されていたのであれ

ば、 弾圧されていると思う。

ですので、徳川家康を日光東照宮で神格化したり、

立派な人だと現代に語り継がれています。

歴史の書物や所謂英雄の物語も、その時々の体制に影響ない範囲での出版。

ですから、歴史学者とか歴史作家の歴史の評価って、どのように行って

いるのか?興味あります。

たぶん、どんな国の歴史だって、その時々の 体制側の都合や管理下の中で、

書物や記録の パブリッシングが許されたと考えます。 そう考えると、

歴史の経緯や人物像をメジャーな 本だけで思い込む行為は認識を

誤るとおもいますねぇー

本文」

スポンサーリンク