水ビジネスとスピリュツアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、水の検査測定している企業の人と 会った。その方は、科学系

なので、検査機器を 用いてdataをとってるような人。 そこで、

スピリチュアル系でよくある2本の ペットボトルで、良い言葉を

言う、悪い言葉を言う、 その結果に違いがありますか?と聞いてみた。

彼が言うには、違いはないとのこと。 でもね、ビジネスとしては、

それが売れるからねぇーと言っていた。またコンビニで売っている

外国系のペットボトルは、駄目といってました。水に興味があるので、

近々に訪問 させていただいて、ちょっとお勉強したいとおもいます。

飯田史彦氏(元福島大学の経営学部教授?)のような 本もありますし、

水や氷の結晶について波動とかという話と、 水を検査計測している人

との認識やデーター違い、どう 自分自身で解決していくのか?の問題

ですよね。

そう考えると、物事や事象って、感じる個体差があるし、 相手の思考と

自分の思考は違います。それを同じと考えるのは 錯覚かもしれませんし、

違うと考えるのは許容量が狭いと 言えるかもしれません。社会や人間関係

ってそんな関係でなりたってる。誰でも同じだとおもいます。

うるおぼえですが、養老孟司さんの本か講演で、 後藤象二郎?さんが東京

の水の品質を改善した後、寿命が 延びたという話もあります。水にちょっと

興味あるから、 今年はちょっと勉強しよう!

スポンサーリンク