苫米地 英人氏の201冊目で私が一番伝えたかったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

空観・仮観・中観という概念が学べます。
著者の言いたいことは、「自由意志の獲得」だと思います。

201冊目で私が一番伝えたかったこと

下記はアマゾンレビューからの引用です。

今までの苫米地さんの著作を何作か読んでいく中で、今までの200冊で論じていた様々なテーマ・・・時に戦争、時にTPP、時に電通、婚活など一件バラバラなことであっても全ては一貫性を持ってつながっている内容だったのだと気づかされる一冊でした。

物凄い積み重ねであって、それでもまだ書き続ける。伝えたいという事で、物凄い熱意を感じました。
そうした背景があるからこそ、語られることにも重みがあると思いました。

内容は、前半部で、今まで、苫米地さんの理論がまとめられており、
改めて、読んでみて、日常、意識できているか、反省を促されました。
また、良くまとまっていると思いますので、苫米地さんの著作が始めての方にもお勧めできます。





空海は,すごい 超訳 弘法大師のことば 苫米地 英人著

苫米地 英人氏の脳の呪縛を解く方法

苫米地英人氏の自分を大きく変える 偉人たち、100の言葉

スポンサーリンク