邱 永漢氏のストレスの解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

邱 永漢氏は台湾出身の実業家。最初に本を
読んだのは台湾に駐在してた頃、上司に勧められた
ので約20年前くらいでしょうか。

文章や考え方が好きでした。

孔子の物の考え方に対して批判的な考え方に荘子があります。
孔子と荘子とそしてもう1つ、
最もヨーロッパ的な考え方に近いものとして韓非子があります。

私の場合は1つのストレスを忘れる為には、
次のストレスになることを考えればいいと思っています。
ストレスだけでも100個くらい貯まれば
1つのストレスに頭の中を占拠されることなく、
そのストレスは100分の1くらいの容量になります。
他のストレスが出てきたら古いストレスはすぐ忘れますから、
それでお互いに常に消しあってだんだん小さくなります。
ストレスは生きている限り続くわけですから、
それに煩わされない為に新しいストレスを作れば良いのです。

スポンサーリンク